UCオイルリサイクル事業者の業界唯一の全国団体「全国油脂事業共同組合連合会」

UCO RECYCLING UCオイルリサイクルとは

What is UCOil? UCオイルって何?

飲食店や食品工場で使用済みまたは賞味期限切れなどで廃棄された食用油を世界的に「UCオイル」(通称:UCO)といいます。
*UCオイル:Used Cooking Oilの略

日本ではUCオイルは古くから飼料、工業原料、燃料として利用され、近年ではSDGsや2050年カーボンニュートラルのキープレーヤーとして世界的に注目され、特に品質の高い日本のUCオイルは今、世界から注目を浴びる存在になってきています。

UCOil RECYCLE FLOW UCオイルリサイクルフロー

国内食用油の年間消費量は約234万tで、UCオイル(廃食用油)の年間発生量は全体で約52~54万tと推定されます。このうち、外食産業・食品産業などの事業系から排出されるものは、長きにわたってほとんどが回収され、再生工場で精製・調整され、各用途に利用され、資源のリサイクルに大きく貢献しております。

事業系から発生したUCオイルの用途(仕向け先)として、飼料用(配合飼料に添加)が約60%、工業用(脂肪酸、石けん、塗料、インキなどの原料)が約17%、海外への輸出が約14%、燃料用(バイオディーゼル燃料、ボイラー燃料など)が約2%となっています。また、再生利用が困難であることなどの理由で廃棄されている分が約7%あるものと思われます。