廃食用油リサイクル
業界について

リサイクルの
「ファースト・ワン・マイル」に
誇りをもって
イメージ イメージ

お客様から直接、一件、一件、個別で廃食用油を回収することを「ファースト・ワン・マイル」と呼んでいます。

全国油脂事業協同組合連合会は日本全国で発生する廃食用油を回収・再生をする事業者の全国唯一の全国団体です。

私たちの業界は、誰もが知っているような業界でもありませんが、日本の廃食用油のリサイクルは戦後間もないころから私たちがお客様から直接、一件、一件、個別で廃食用油を回収する「ファースト・ワン・マイル」から始まっています。

そのため、ITやAIで機械に任せられる仕事が増えてくる時代になっても、お客様から直接、人の手で回収する私たちの仕事は変わらず続いていく業界です。

SDGsをはじめ、気候変動ネットワーク、世界的な環境保全意識の向上、資源の有効活用への関心を背景に、私たちの仕事が改めて評価され始めています。世界に誇る日本の廃食用油リサイクルのループは、より一層の業界発展を図りながらも、働き盛りを迎える就職氷河期世代(35歳以上~55歳未満)の方々と共に明日の油脂回収業界の礎を構築していきたいと考えています。

楽な仕事ではありません。すぐに結果が出るような仕事でもありません。
毎日、地道に地域に根付いて続けていくからこそ、途切れないこの仕事に私たちは誇りと責任を持っています。

廃食用油リサイクル業とは

全国油脂事業協同組合連合会

全国油脂事業協同組合連合会は、食品リサイクル法及び廃棄物処理法に基づき、食品製造業、食品小売業、外食産業などから発生する廃食用油(UCオイル:Used Cooking Oilの略)を適正に食品循環資源として再生利用を促進する、廃食用油回収再生事業者の業界唯一の全国団体です。

食品産業、食品小売業及び外食産業から廃棄されるUCオイルは戦後まもなくから長きにわたってそのほとんどが専門の回収事業者によって回収され、再生事業者により精製・調整され肥飼料用(配合飼料等に添加)、工業用(石鹸や塗料の原料として)、近年では燃料用(バイオディーゼル燃料、ボイラー燃料)として再利用が図られ、回収された大部分(93%)がリサイクルされるリサイクル優等生です。

当連合会は我が国の食品循環資源としての食用油の再スタートのファーストランナーとして重要な役割を担っている自負をもち、全国の加盟組合員企業と共に廃食用油の再生利用促進を図っています。 大部分の廃食用油リサイクルは当団体の傘下企業の回収・再生業務からスタートするという自負を持ち日々、地道だが堅実に、地域から世界への社会貢献を自覚して働いています。