受講条件

全コース共通の申込条件

本プログラムを受講するためには、以下の質問全てに「はい」と回答できる方のみが対象となります。

基準日時点で、35歳以上55歳未満です。

公共職業訓練や求職者支援訓練などの職業訓練、教育訓練を現在、受講していない。又は受講する予定もありません。

基準日時点で、離職している(学校を卒業して就職していない場合も含む)、又は、非正規社員として働いており、正社員などの安定した雇用を希望しています。

以下のいずれかに該当します。

①直近1年間に正社員(期間の定めのない雇用)として雇用されたことがなく、直近5年間においても正社員経験が通算1年以下です。
②直近1年間において、臨時的・短期的な就業を繰り返す、あるいは臨時的・短期的な就業と失業状態を繰り返すなど、不安定就労の期間が長いです。
③直近1年間において、非正規雇用の就業経験が多い、あるいは就職後の就業期間が短いなど、安定した就労経験が少ないです。

基準日とは、訓練コース開始日に属する月の前月末日になります。

「職業訓練受講給付金」について

現在、雇用保険を受給できない方にも安心して訓練を受講してもらえるよう、国の施策として「職業訓練受講給付金」制度があります。本プロジェクトで実施するカリキュラムのうち「廃食用油資源回収業務」は「職業訓練受講給付金」の対象コースとなります(支給要件があります)。「職業訓練受講給付金」の受給を希望される方は、お住まいの住所を管轄するハローワークで手続きを行ってください。その際は、「就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース事業の廃食用油資源回収業務の〇〇コース希望」とお伝えください。詳しくは厚生労働省 職業訓練受講給付金(求職者支援制度)のページをご覧ください。